toggle
2021-09-19

【Recipe3】ローストポークと紅玉のソテー バルサミコソース

お肉とフルーツの組み合わせが大好きなのです。

今回は、ローズマリーが香るジューシーなローストポークに、甘酸っぱい紅玉。バルサミコソースがいい感じに味を引き締めてくれます。粒マスタードもたっぷり添えて。

ちょっと一手間かかりますが、特別な日の食事やおもてなしにぜひ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【材料】(2人分)
<ローストポーク>
・豚肩ロース塊肉 300g
・塩 小さじ1/2
・こしょう 少々
・ローズマリー(ドライでもフレッシュでも) 適量
・オリーブオイル 適量
<紅玉のソテー>
・紅玉 1/2個(小さいようだったら量を増やしても◎)
・塩 小さじ1/2
・ローズマリー(ドライでもフレッシュでも) 適量
・オリーブオイル 適量
<バルサミコソース>
・バルサミコ酢 大さじ3
・砂糖 大さじ1
・塩 小さじ1/4
・オリーブオイル・水 適量(ほんの少し)

・粒マスタード 適量(たっぷりがおすすめ)

【作り方】
<ローストポーク>

1.冷蔵庫から出した豚肉に塩とローズマリーをすりこみ、20〜30分ほど置き常温に戻す。
2.フライパンにオリーブオイルを熱し、豚肉を入れて、全ての面にこんがりと焼き色をつける(しっかり茶色くなるように)。
3.火を止め、蓋をして、そのまま冷まし、余熱で温める。30分ほど置き、触れる程度になったら切る。
<紅玉のソテー>
4.紅玉は、5〜8mm幅程度にスライスする。
5.3のフライパンをペーパーで拭い、オリーブオイルを熱し、ローズマリーを軽く炒めたら、紅玉を柔らかくなるまでソテーし、塩をふる(皮が硬いので皮の部分をよく焼く)。皿に移す。
<バルサミコソース>
6.5のフライパンに、バルサミコ酢、砂糖、塩を加え加熱する(バルサミコソースの酸味を飛ばすイメージで)。とろみがついたら火を止める。
7.冷めるとソースがかたくなるので、水やオリーブオイルで濃度を調整する(ゆるみすぎたら再度加熱する)。

7.皿にバルサミコソースをかけて、その上にローストポークと紅玉のソテーを盛り付ける。粒マスタードを添えて完成。

【ポイント】
・紅玉ではない普通のりんごでもできます。
・皮が気になるようならむいてもOK。味に変わりはありません。
・ローストポークを切って断面がまだ生っぽかったら、フライパンでさっとソテーを。もしくはバーナーで炙るのが◎


(一個持っていると何かと便利な使い捨てライター使用のバーナー!)

ちなみに、こちらもローストポークとりんごの組み合わせ。りんごの皮をむいて角切りにし、玉ねぎのすりおろしを加えて炒めてソースにしました。これもまた美味しい^^

スタイリングで使用した花材

今回使ったお花は、ベルベロン。

和名は「小海老草」と言うそうです(確かにちょっと海老っぽい)。茶色がかった渋めの赤でこれまた秋のテーブルにぴったりなお花です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です