toggle
2020-05-27

理想のクローゼット作りへの道①-アプリでの管理を始めた-

「服もコスメも少数精鋭にしていきたい〜」という思いから、先日パーソナルカラー診断を受けたことを書きました。

パーソナルカラー診断を受けた話。「似合う」と星座。

コスメも服も試してから購入したい派なので、しばらく新規購入はなさそうだなと思っていた5月。

収納という意味でも、ファッションという意味でも見直したかったクローゼット整理に着手しました。目的としてはこんな感じ!

・自分の「好み」を今いちど確認したい。
・持っている服の「色」を確認したい。
・不足と過剰の把握。処分するもの・購入するものの洗い出し。

・クローゼット収納そのものをもっと美しくしたい。

さて、まず自分がもっている洋服やファッション小物を全て把握するために、クローゼット管理系のアプリを使ってみることにしました。

今回試してみたのは【カラクロ】というアプリ。
このアプリの良いところは、色別・カテゴリー別でシンプルに仕分けられること。コーディネート提案機能とかソーシャル機能とかは不要で、シンプルに仕分けと把握がしたかったのです。

まずは撮影。あんまり写真の美しさを追求しだすと終わらないので、基本撮り直しせずサクサクと。でも、統一感をだす&服の状態を分かりやすくするため、白壁&自然光で撮影しました。


(白の透け感のあるトップスが好きなのが良く分かりますな)

まずこの作業がよかった〜。気づきが多かった。
自然光でじっくり服と向き合うことで、服の状態が良く分かるので、分別の進みがとてもはやかったです。

・まだ着るもの。
・メンテナンスするもの→クリーニング(自然光の下だから小さいシミやほつれを発見しやすかった)や、毛玉とり、ボタンの補強など。
・状態は良いけどもう着ないもの→撮影した写真でそのままメルカリ出品。
状態が悪いもの→処分。
・加工して着たいもの→色を染めたい…(セルフor業者さんに頼む?)

と、どんどん仕分けていきました(わりとちょくちょく見直していたので、処分するもの売るものは少なくどっさり断捨離みたいなことにはならず)。

撮影は数日に分けておこないました(バッグも!)。撮影し終わったものはどんどん登録。

シミを発見したものはサクサクシミ抜き。ニットやコートの毛玉とりもして、メンテナンス終了。秋冬は涼しくなってきてからで良いかな〜と思ったりしたけど、この時期にやってしまって良かったかも。

気づいたことをいくつか

洋服の素材について。

着心地は最高なコットン。自然光のもとで見ると丁寧に扱っていても長めに着ているものはやっぱり少々よれっとしてる。そこそこの値段で縫製がしっかりしているものでも、よれっとあせている感じはあるなぁ。

帯電しづらく皮膚への負担も少ない天然繊維のものは日常的に取り入れたいけど、特に夏のものは1回着たら洗うのでワンシーズンでよれっとしがち。しかしそれで即処分というのは萎える…。

天然素材で、同じように洗っても麻はくたっとした感じが風合いになって良い感じなので、高い頻度で洗う夏用の天然繊維の服は、メインにしていこうかな〜と思いました。

家着やパジャマは着心地の良いコットンメインで。よれっとしても着れるまで着たおす 笑。よれっとすればするほどからだになじんで最高〜

「家でもおしゃれに」という風潮もあるけど、私は完全に家では体感の心地よさ重視です。心地よくそこそこ素敵なものを選んでいきたい。

ポリエステルなどの化学繊維のものは、帯電の問題もあるし長く着ていると疲れてくる感じがある。

が、ポリエステル100%のものクローゼットに残っている率高し! 洗っても状態が変わりづらく、すぐ乾いてしわにもなりにくい。結果かなり長く着ているものもある。

買う→処分→また買う…というサイクルがあまりに短くなって消費量が膨らんでしまうのは、経済的にも気持ち的にもよろしくない(ファストファッションの裏のアンフェアな労働も問題視されているし)。そう考えると、もちろん縫製や色にもよるだろうけど、ポリエステル100%のものって良いなぁ。
海外の古着屋さんなんかだと1970年代のポリエステルのスカーフやワンピースが残っていたりするみたいだし。ひっかけたりしない限り結構もつものあるのかも。

結局、高くても安くても長く愛用できれば、環境的にも個人の経済的にも気持ち的にも良いよな〜と思います。

そう考えると、トレンドに左右されない・気に入っているシルエット・ポリエステル100%のものなんかは、タンスの肥やしになりづらいのかも??

今後のクローゼット計画!

・ハンガーをかえる→今までも同じ種類のハンガーで全て揃えていたけど、いまいち使いづらいので変える。
・新しいインナーを買う→夏はインナー大事。最適なインナーがないせいで着るのを躊躇する服があるのはもったいない。
・秋冬の服が少ない→春夏に比べてびびるほど少ない 。寒くておしゃれ欲が低下するんだよな。まぁ秋冬に考えよう。

パーソナルカラーに照らし合わせた振り返りもまた今度書こうかな。
クローゼット収納自体についてはまた別途記事を書きたいと思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です