toggle
2021-03-28

3月29日 満月at天秤座「自分の意志」と「他者の意志」の両立のため思考する。

2021年3月29日(月)am3:49。天秤座9度で満月です。月のサビアンジンボルは「アートギャラリーに掛けられた3人の巨匠」。

3月20日の春分で牡羊座0度にはいった太陽も9度まで進んできました。

【2021年 春分図】誰と生きて、何を学び、どう伝える?

春分図では、アセンダントが天秤座、チャートの右側に10天体が全て集中していました。「人と関わりたい」「人との関係性の中で過ごしたい」「誰かと一緒に生きていきたい」そんな思いが高まりそうな春分図でしたが、今回の満月は念を押すように天秤座で起こります。

ちょっと今回のチャートを見ていただきたいのですが、天秤座の月だけがぽつんと右側に位置しています。こういう天体をシングルトンと呼び、そのチャートの中で他の天体を引っ張っていくような強い力を持つと言われています。

「人との関係性の中で過ごしたい」「誰かと一緒に生きていきたい」という感情が、他の天体を動かそうと必死になります。

自分と他者。自分のお金と相手のお金。

月と太陽が180度に位置するのが満月です。
太陽(意志)と月(感情)が向かい合い、生き方を振り返ります。

太陽は、牡羊座9度。サビアンシンボル「水晶を凝視する人」。非常に強い直感力をもつ度数です。
2ハウスにあるので、自分の肉体や暮らしを充実させることに達成感を感じます。そのための経済活動などに邁進することもあるでしょう。2ハウスにある牡羊座の太陽は、周囲に影響されず自分から純粋に飛び出したきた直感に従って果敢に行動します。

天秤座の月のサビアンシンボルは「アートギャラリーに掛けられた3人の巨匠」。悩みや困難に出会った際、他者、専門家、過去の事例などに意見を求め、どう解決したか参考にします。1人だけの意見では偏ってしまう可能性があるので、時には複数の人の意見を聞きバランスをとろうと思考します。

ハウスは7ハウスですが、この位置は8ハウスとも読みます。こういう場合、両方のハウスに影響がある場合が多いようです。7ハウスで、色々な人と出会い、向き合う誰かと出会う。そして、8ハウスでその特定の人との関係性を深めていきます。8ハウスにある月は、他者や組織とお金や生活、時に知的財産を深く共有し、そこに感情の安定を見出そうとします。

純粋な自分の直感を元に自分の生活を作り上げたいという「意志」と、時に自分を委ねるよう他者と深く人生を共にしたいと願う「感情」が真正面から向き合い、これから進むべく方向を考えます。

「思考」が鍵となる。風のグランドトラインが教えてくれること。

春分図に引き続き、風の星座でグランドトラインが出来ています。天秤座の月、双子座の火星、水瓶座の土星、8ハウス・12ハウス・4ハウスです。

自分の意志と相手の意志が一緒に生きていく。そして、より良い感情的なつながりをつくるため、時にはその関係性から一歩引いて眺めてみる。必要な情報を収集し、学び、思考する。そしてまたその関係性と向き合う。

そのサイクルを力強く繰り返すことが、今回の満月図のテーマを切り開くために必要なことなのかもしれません。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です