toggle
2021-03-18

【新セッションのお知らせ 】出生図=人生の羅針盤・地図を読む。

セッションを新しくしています。新しいセッション内容で何名か読ませていただきながら、時間的に難しい部分をスリム化したりもしつつ、内容がまとまってきたので書きたいと思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

浜本彩香(@ayaka_hamamoto)がシェアした投稿


新セッションで読んでいくもの。

占星術は難解ですが、出生図はシンプルにいうと本当はただこの流れを読むためのものです。

✔︎どこからきて(自分のルーツ的なエネルギー)
✔︎どこにむかうのか(社会での役割・立場)
✔︎そのために、どんな能力が備わっていて、どんな課題をクリアしなくてはならないのか。

この流れをできるだけ鮮明に浮かび上がらせる為に、2種類の出生図を確認していきます(この2つ以外にもネイタルは複数あります)

ジオセントリックチャート(通常の出生図)とドラゴニックチャートです。

(ジオセントリックとは、地球を中心に太陽系の天体の配置を記したもので、ホロスコープリーディングにおいてメインで読まれるチャートです。ドラゴニックとは、出生図のドラゴンヘッドという感受点を牡羊座0度の位置に配置し、全ての天体を移動させたものです。ジオセントリックよりもう少し潜在的にあるものを探っていくためのチャートです)

天体やハウスはもちろん、ドラゴンテイルとドラゴンヘッドは、非常に大切な感受点なので、真値、平均値を両方確認してじっくり読んでいきます。度数やサビアンシンボルも確認します。

バーテックス・アンチバーテックスも読みます。小惑星は、お悩みやリクエストに応じて取り入れていきます。

ベースとして読む要素はありますが、セッションを受ける前にお聞きしたお悩みや、ホロスコープを読みながら見えてくるものなどは、その方によって違いますので、その方に合わせたオーダーメイドなリーディングです。

占星術を知らなくても大丈夫?

占星術を学ばれている方もいらっしゃるので、専門用語を交えて書きましたが、これらの言葉の意味が分からなくても大丈夫です。セッションのはじめにはいつも簡単なホロスコープのレクチャーもさせていただいています。

ただ、占星術自体にご興味がある方は、簡単な予習も楽しいかもしれません。暗記をする必要はなく、なんとなくイメージがつくような感じで大丈夫です。

ベースの知識が少しでもあると、より深くセッション内容を落とし込めると思います。あまり気負わず、ただご自身の出生図を読み解く第1歩として楽しく学んでいただけましたらとても嬉しいです。

自分が、
✔︎どこからきて(自分のルーツ的なエネルギー)
✔︎どこにむかうのか(社会での役割・立場)
✔︎そのために、どんな能力が備わっていて、どんな課題をクリアしなくてはならないのか。

一緒に読み解いていきましょう。

Session Menu

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です