toggle
2021-03-18

太陽星座は見出し磨くもの。【12星座別】太陽星座を主体的に使うポイント。

先日の記事はこちら。

太陽星座の話。満たされているはずなのに人生に「充実感」が足りない時。

太陽星座は、潜在的で、自分で見出し磨かないと光らない性質だと言われます。
太陽星座が表すのは、その人が「外」に向かって発揮するもの。つまりその人が「外」と接しないと、発揮する必要もないのかもしれません。

例えば、誰かに意志をまかせて生きているような場合や、受け身ではなく意識的に人や社会に接しようとしない場合など、ずっと自覚せず生きていくことも出来てしまうかもしれません。

太陽星座の性質を自分の中に見出し、その性質を積極的に使っていく。この繰り返しが「人生を自分で創っている」という感覚につながるんだと感じます。

今回は12星座の性質だけでなく、12星座を太陽として主体的に使うポイントについても書いてみようと思います(その太陽星座の度数やサビアンシンボルによっても変わってくるのでざっくりとした参考にして下さい)。

【12星座別】太陽星座を主体的に使うポイント


(太陽は「王様」に例えられる。意志=王様。とはいえ、意志がいついかなる時も圧倒的に強い力をはなって正確な判断を下していく王様かというと怪しいけど…

【牡羊座】
スピードと直球勝負。せっかち。精神の盛り上がり。ノリの良さ。
→ただスピーディーに行動するだけでなく、そのスピード感や直感力を何に使うか。自分のテンションや盛り上がりを何にぶつけるか。新しいことをはじめる勇気が大切になる場合も。

【牡牛座】
マイペース。質の良いものが好き。五感の繊細さ。手先が器用な場合も。頑固さ。
→ただ五感を楽しむだけでなく、五感の快適さを確保するための能力を自分の中から見つけ出す。お金の健全な扱い方を学ぶ。手先の器用さや五感を磨く。そしてその能力を何に使うか。

【双子座】
興味のあることや新鮮な情報を追いかける。コミュニケーションを楽しむ。フットワーク軽く活動する(ネット上の場合も)。飽きっぽさ。
→ただ新しい情報や環境を求めるのではなく、何のためにその情報を知りたいのか、伝えるのか。思考する力、コミュニケーション能力、言葉にする力、伝える技術を磨く。

【蟹座】
親しい人への思いやり。共感する力。他者への心のこもった対応。居場所やつながりを大事にする。時に感情にふりまわされる。
→意志を持って自分や人の「感情」を扱う。どんな場を自分の「居場所」とするか模索する。他者と暖かいつながり持つ努力をしているか。自分より弱い存在を守る努力をしているか。守り守られることと自立の関係性を学ぶ。

【獅子座】
意志の強さ。明るく周囲を盛り上げる。自分の意志や信念を表現したいという欲求。頑固さ。
→精神の盛り上りを大切にする。自分の道を見つけ、粘り強くその未知を切り開く。「自分」を演じる。自分の中にある何を表現したいか。それを表現する手段や場があるかどうか。周囲を明るく照らし、人を励ましているか。

【乙女座】
健康管理や日々のルーティンをこなす力。メンテナンス力。細かいことや些細なことに丁寧に目を配る。時に神経質になることも。
→日々を丁寧に生きる。足元の世界を美しく整える力を磨く。どんな場でそれを発揮するか。どんなことに自分を役立たせるか。役立つ自分に充実感を感じる。「神は細部に宿る」精神。

【天秤座】
他者との調和を目指し、他者との関係性の中で生きようと奮闘する。「他者が思う自分」を模索する。
→積極的に人と関わり、調和的な関係性を築く努力をしているか。どんな場でどんな人と関わるか。人の目の色を読み、客観性を磨き、洗練された振る舞いを身につける。他者との関係性の中で自分の目的を達成していく。自分と他者のバランスを学ぶ。

【蠍座】
特定の人や物、分野などにのめり込む。一途さ。粘り強さ。忍耐力。時に強い感情を引きずる。
→一途に打ち込めるものがあるか。自分の「のめり込む力」を何のために使うか。その力で何を達成するのか。他者と深い関係を築くことに取り組んでいるか。「他者と深く関わること」と「自立」の関係性を学ぶ。

【射手座】
楽観性を持ち哲学を追い求める。信念を求める。好奇心旺盛。大雑把。ノリの良さ。
→知的好奇心が刺激されるような生活をしているか。未知の世界に希望を持って飛び込んでいるか。精神的成長を求め、大人になってもなんらかの学びをしているか。そして、社会のどんな立ち位置でその学びを生かしていくか。

【山羊座】
社会で認められること。大人としての意識。責任感。忍耐力。合理主義。上昇志向。
→社会に目をむけ、参加する意識を持っているか。社会において持続的な自分の立場を築く努力をしているか。どんな立場で社会を作っていくか。長期的な計画をたて結果を出す、具現化するような目的を見つけているか。

【水瓶座】
古いルールや慣習を疑う姿勢。思考力と理性の力。フレンドリーで平等性があるが、人と近い距離で関わることが苦手な場合も。
→ただ既成のものに反抗するだけではなく、未来に実現したいヴィジョンを持つ。多様な価値観を認め、楽しむ。組織の上下関係ではないヨコのつながり。どんな目的やヴィジョンの元そのつながりを作るのか。

【魚座】
幅の広い共感力。イマジネーション。現実を離れ情緒的なものに浸る。優柔不断。白黒つけられない危うさ。
→目の前の人の気持ちに同化する力、幅広い感情や痛みに共感する力を育む。そしてその共感する力を何に生かしていくか。時に見えない世界からのインスピレーションを日常や社会で生かす。「共感」と「自立」の関係性について学ぶ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です