toggle
2018-11-24

11月20日「10天体を学ぶ」セミナーレポ at京都

11月20日に京都で、占星術セミナー「10天体を学ぶ」をやらせていただきました。

honoiro藤原悠馬さん、悦子さんご夫妻に主催していただき、28名の方にご参加いただきました。

京都や大阪以外にも、愛知、兵庫、広島、沖縄からもお越しいただきました。セミナー後も皆さんと少しお話出来て、とっても楽しい時間を過ごさせていただきました^^ ありがとうございました!

お天気もよく、子連れOKでしたので、たまにちっちゃな可愛い声が聞こえる素敵な空間だったなぁ

受講者様の星座集計

さて、受講者様の星座を集計してみました!

太陽星座 <1位>射手座5名 <2位>牡羊・魚座4名

月星座  <1位>牡羊座4名 <2位>獅子・蟹・山羊・双子3名

アセン  <1位>射手6名  <2位>牡牛6名 <3位>獅子5名

やはり射手座強し!

もともと探究心&成長欲求旺盛な射手座さんなので、納得の結果ですし、主催して下さった悠馬さんがASC射手座なので、悠馬さんに共鳴された方もきっと多かったんですね〜。

そして、全体として、火の星座(牡羊・獅子・射手)多い!私も悠馬さんもアセン火だしなぁ。

トランジット的に考えてみると、11月に木星が射手座に入宮。

木星にとっては12年ぶりの自宅帰還。木星が木星らしくエネルギーを発揮するには射手座が一番居心地良いんですね。

木星は射手座の性格をまとい、本来のエネルギーをのびのび発揮するわけです。

向学心、高度な学び、成長欲求、スポーツ、海外など…。射手座のキーワードが活性する1年になるはず。

特に射手座に星や感受点をお持ちの方は強く実感できるんじゃないかな〜

そして、射手座に木星が入るということは、牡羊と獅子はトライン(120度)で木星の影響を受けますから、ここに星や感受点お持ちの方も穏やかに影響があると思われます。

こういうわけもあって、火の星座が活性しているのかなと思いました٩( ‘ω’ )و

「10天体を学ぶ」セミナー

さて、今回のセミナーでは、占星術の主役である「10天体」についてお話しました。

天体=「人類に共通する基本的な心の動きや欲求」です。

それが人生を通して、どう育ってどう発揮されていくか。それは私たちのために用意された人生のスケジュールのようなものです。

「こんなの知らなきゃ分からないですよねぇ…」とおっしゃっていた方がいらっしゃいましたが、そうなんです。だからこそ占星術って受け継がれてきた叡智なのだと思います。

今回はまず、月→冥王星の順に、私たちがその年齢域に育む天体についてお話していきました。

そしてそれは結局なんのためなんだろう?どこにつながっていくの?というお話を、冥王星→月から見た視点でお伝えしました。

この両方の流れで捉えることが、天体を知るためにとても重要ですし、月→冥王星の視点だけだと天体の意味に矛盾が生じるんですよね。

冥王星→月の視点は、トランスサタニアンのエネルギーを理解するのにもとても大切な視点になってきます。

「なぜ最初に星座じゃなくて天体?」

さて、セミナー中ご質問いただいた『なぜ最初に星座じゃなくて、天体なのですか?』というご質問に、もう少し丁寧に書いてみようと思います。

まず、天体は、自分の中の普遍的な心の動きや欲求なので、それを色付ける性格たち(星座)より、最初に学ぶべきことだと思っています。順序を間違えると誤解を生むかも?と感じます。

例えば、私の月は牡牛座です。牡牛座は五感の星座。

そこに月があるということは、五感の快が癒しであり、情緒に落ち着きをもたらすわけです。

五感に集中するのって、基本まず人がいりません。

じっくり自分のペースじゃないとだめだし、うるさくてもだめだし、まぁとにかくのんびり色々感じさせてよ〜という感じです。

なので、私は1人で好きなもの作って食べたり、お気に入りのお店でランチしたりするのが大好きですし、自宅のカーテンの色が自分の情緒に与える影響もとても大きくて、苦手な色だと落ち着きません 笑

そんな五感にこだわりがある牡牛座的欲求を満たすには、1人が一番なのです。

じゃあ、毎日そんな生活送っていいよ!情緒が一番安定するでしょ?と言われたら、即答でNOと答えます。

え!だって寂しいじゃん!です。笑

それは私が牡牛的欲求を持つ前に「人と情緒的な関係を結び、そこを自分の安住の地にしたい」という『普遍的な月の欲求』を持っているからです。

この欲求はやっぱり強いなぁと感じるし、だからこそどんな月星座の方も恋人をつくったり、結婚したり、コミュニティに所属したり…するわけですよね。

もちろん、牡牛ということで、月が水星座にある方よりは、1人の時間を欲しているとは思いますが、それでもやっぱり人と生きていきたいなぁと感じますし、そのために多少牡牛座的欲求が満たされなくてもそれは仕方ないなと感じます。

そんなわけで、どんな星座であろうと、まず普遍的な月の欲求を知ることが大切だと思っています。

と、同時に…

じゃあ、愛する人とずっと一緒にいられるなら自分の牡牛的欲求を一生ないものに出来るか?と言われたら…

その答えもNOです。

無理です。やっぱり 笑。情緒が安定しなくなることでしょう笑。

月星座もやっぱり大事 笑

ここがパートナーとの相性で大切なところですよね〜。自分の月の性格を分かってもらえるか、日常の生活の中で、いつもじゃなくてもその月の星座の欲求がきちんと満たされるか。パートナーシップにおいてとても大切ですね。

そして、こういうことを自分で分かっておくのって本当に大切だなぁと思いますし、「私これだけは必要なんだ〜」と改めてちゃんと伝えてみるのも良いかもしれません。

このあたりは、もちろん月のハウスも見てあげたいところ。

みんなそれぞれ違う月なので察することが出来ないのはある意味当然なんですよね。

月で感じたことを言語化するのは水星で、水星は人と人とをつないでくれます^^

「10天体を学ぶ」ご感想

受講後のアンケートや後日メッセ等でいただいて感想を掲載させていただきます。

  • 天体についてここまでじっくりお話を聞くことができ、充実の時間でした!
  • 他のホロスコープ講座と違っていました。私が知りたいところが詰まっている講座でした。
  • 楽しかったです。更に深く学び知りたくなりました!!表面的な浅いところだけで決めつけられるのが、苦手なので、今回の内容をしっかり復習して、本質を理解出来るように努力したいです。
  • 最初は少し分からないところもありましたが、段々と分かってきて最後めっちゃおもしろかったです。心理学も入っていて、オリジナルの視点もあって、もっと聞きたいと思いました。
  • 人を理解できるように、自分を理解できるように、自分の人生を愛せるように、そんな愛情に満ち溢れた講座でした。
  • これまでの自分を振り返ったり、これからの自分を考えるおもしろい機会になった。
  • 非常にロジカルで分かりやすかった。言葉づかいが美しくてうっとり。それも良かったです。
  • 心理学をされているからか、言葉の使い方が分かりやすい。
  • 資料が分かりやすくまとめられていた。
  • リーディングのワークショップを希望。
  • トランスサタニアンの影響とアセンダントの重要性がとても分かりやすかった。

皆さま、あたたかいお言葉本当にありがとうございました…( ;  ; )

「10天体を学ぶ」at東京

「10天体を学ぶ」セミナーですが、東京でも開催させていただきます。

2月10日(日) 場所は、渋谷で検討中です。

時間は、前半2時間、休憩30分、後半2時間になるかと思います。

  • テキスト付き(スライド105枚分)
  • 10天体をより落とし込むワークシートもお渡しする予定です(構想は今考え中です)

(京都で「12星座セミナー」にご参加いただける皆様には、こちらのワークシートお付けしたいと思っています^^)

長くなってしまったので、概要はまた改めてアップいたしますー!

 

関連記事

コメント4件

  • […] 「10天体を学ぶ」セミナーレポ at京都  http://astrology-for-life.jp/archives/192 […]

  • 末吉聡子 より:

    浜本さん、こんにちは。

    京都天体セミナー受講させていただきました^^

    私も病院で働いていだことが長く、占星術を知った今では心理学と占星術はめちゃリンクするなぁと思っていたこともあり、いろんなお話をお聞きしたかったです。

    星座バージョンのセミナーも是非開催していただきたいです♫

    当日お礼を伝えることができなかったので、この場を借りて。

    本当にありがとうございました\( ¨̮ )/
    次回は思い切ってお声かけさせていただきます〜( ˊᵕˋ* )

    • 浜本彩香 より:

      聡子さん、先日がご参加いただきありがとうございました!^^ 聡子さんも病院で働かれていたのですね。私も色々とお話できましたら嬉しいです^^ 12星座セミナーもがんばりますね!またお会いできますこと楽しみにしています!今度はぜひ話しかけてくださいね♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です