toggle
2020-02-18

生活の質を上げるための小さなアップデートやアイディア①

個別記事にするまでもない小さなアップデートやちょっとしたアイディアを記録していきます。

日常の中の小さい「めんどくさい」は、
小さすぎてそもそも認知していなかったり、
皆やっているし、こういうものだし…と思考停止していたり、
解消するまでもない、とないがしろにしていたり…。

「名前のない家事」をもっと分解したような、小さな小さな作業や動作。
確かに、ひとつひとつ本当に大したことない動きだったりする。
でも、家事ってその小さな作業の集合体だから、それをないがしろにしてしまうと、結果大きな作業量として我が身にふりかかってくる。そして、なぜだかいつも家事に追われている…という状況になってしまう。

そんなループにはまらないためにも、日常の中の小さなコストを見つけていちいち解決していきたいと思っています。

もちろん引っ越しや家電の買い替えほど、劇的な変化をもたらしてはくれないけれど、即導入できるような小さなアップデートやアイディアをここでは記録していきたいと思っています。

 

愛用しまくりの【魔法のテープ】

まず、何かと使っているテープをひとつご紹介。このテープにかなり助けられています。あらゆる場所にしっかりとした粘着力でくっつく(壁紙にも)!はがしても無傷。しかも、洗って繰り返し使えるとかすごくないですか?
ずれたり、動かしたくない物の下に貼るのも◎

OTOKU 両面テープ 魔法テープ テープ 超強力 のり残らず 繰り返し はがせる 防水 耐熱 強力 滑り止め 洗濯可能 多機能 多サイズ 家庭 オフィス 寮 学校 会社 工業用など (3cmx0.2cmx1m)

今回のアップデートにも、この魔法のテープもちろん使っています٩( ᐛ )و

① ティッシュをテーブル下に設置

ずっと好みな感じのティッシュボックスを探していたのですが、なかなか見つからず。ネットで見たアイディアに教えていただいて、結局テーブルの下に固定することにしました。テーブルの上がすっきり広くなるし、ティッシュがあちこち動かないのってかなり良い◎ ものの位置が決まっていることで収納や掃除をスムーズになりますね。

✔︎ ボックスは、無印のこちら(無印良品のサイトに飛びます)。
クラフトティシューボックス・組立式 約幅22.5×奥行11×高さ8.3cm

紙製なので、軽いし安くて良いです。水や油には弱いだろうけど、多少汚れても見えないからよし。Seriaの裏がテープになっているマジックテープを2セット使ってテーブルに固定しています。

 

✔︎ ティッシュは、今こちらを使っています。ぴったりサイズ!
パルプ100%! ハローソフトパックティシュ 300枚(150組)5個 6パックセット(30個)

✔︎ このボックスと同時発売された同じく無印のぴったりサイズなティッシュがこちら。
ティシューペーパー 360枚(180組)・5個組

こちらのティッシュの方が安いので、今度はこれをトライしてみようかな〜と思っています✌︎(‘ω’✌︎ )

 

② ゴミ袋収納

もともとSeriaのこれ↓ を使っていたのですが、いちいち入れるのがめんどくさくなってしまった…。忙しくないときは余裕で出来るんだけど、忙しくなるとやらなくなる作業ってあるじゃないですか。まさにそれだった。

こういうのって、元気な時の自分じゃなくて、精魂尽き果てた時の自分でも出来るか?という基準で考えてみた方が良いのかもしれない( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

で、この収納に落ち着きました ↓
Seriaのタオルバー2本を使ってキッチン下の扉裏に固定。吸盤が落ちやすいので、魔法のテープでとめています。Seriaの20mlのゴミ袋を使用。ざっと出してそのままさっとかけられる袋にしています。

めちゃ抜き取りやすいし、見た目もすっきり。かなり気にいっている❤︎

 

③ ラップ収納

同じくキッチン下の扉です。ラップ類はカラフルで生活感でますよね〜。
ラップケースとかあるけど、いちいち詰め替えるのももめんどくさくて…( ͡° ͜ʖ ͡°)
でも、このまま見えるところに収納すると、色がごちゃごちゃしていて落ち着かない。

なので結局、隠して収納することに。
Seriaのファイルボックスを魔法のテープで固定しました。ファイルボックスってもっと厚みがあるものが多いんだけど、これは5㎝くらいでラップの幅にちょうど良いサイズ(アルミホイルはほぼ焼き芋用 。ラップは食品に接触しないように使っています)。

 

④ おろし器&キャベツスライサー収納

こちらもキッチン下の扉。これもSeriaのフックを使っています。
キッチン周りの使うたびに洗わないといけないものはなるべく吊るしたい。
引き出しや棚にしまうとなると完全に乾かさないといけないじゃないですか。
吊るすのなら、少しくらい乾いてなくても大丈夫(と、している)。その気楽さが良い。

キャベツスライサーは、ザワークラウト作りに。大根やかぶのスライスにも使ったりしています。

 

⑤ デットスペースを利用してジム用バッグ収納

この微妙なスペースがもったいなくて、Seriaのフックでジム用バッグの収納場所にしました。このフックも魔法のテープで止めています。

ジム用のシューズも袋に入れて、このバッグにいれたまま収納してます。ジム用のシューズにも自分をちょっと楽にする一工夫を。普通の靴紐から、Seriaのゴム靴紐にチェンジ。ほどいたり結んだりしなくても良いし、びよーんと伸びるので手を使わずさっと脱げる。

これが良すぎて、普段のスニーカーも靴紐変えちゃいました。

 

以上、最近のアップデートでした٩( ᐛ )و
また随時更新していきます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です