toggle
2020-01-19

【美容】黒髪でも眉マスカラは必要だと気づいた


(↑ MY眉&アイメイク用プチプラコスメ精鋭部隊\\\\٩( ‘ω’ )و ////)

【美容】素材そのものを整える & 素材の上に何かのせる

前回こんな記事を書きました。
今日は「素材の上に何かのせる」美容について。最近の眉メイクのアップデートについて書いてみようかと思います。

手抜きしようと思えば出来ちゃうアイブロウメイク。でも、眉を丁寧に作ると顔が全然違うというのは実感します。眉毛ひとつで、顔が大きく見えたり小さく見えたりするわけですよ…

特に、前髪とセットで変えると顔の印象かなり変わりますよね〜。
どちらも日々にょきにょき生えてくるので、ベストコンディションを保つのには手入れや加工が必要になるわけだけど、手間をかける価値はある。顔の「額縁」と言われるのも納得!です。

長年愛用しているアイブロウペンシル

さて、そんな大事な眉毛を作るにあたって、私がアイブロウペンシルに求める条件はこちら。

ペンシルは繰り出し式(削るのは非常にめんどくさい)
太芯(ワンストロークで描ける太めの楕円芯が◎ 毛流れを一本一本描いたりして細かく作り込むには不向きだけど、私は描いてぼかす派)
スクリューブラシ付き(太芯で描くゆえぼかすのは必須)
プチプラ(お金はなるべくインナーケアにまわしたい)

 

そして、これらをクリアしているコスメがこちら。
エクセル パウダー&ペンシルアイブロウEX PD05 グレイッシュブラウン

プチプラ アイブロウペンシルの大定番なので使っている方も多いのではないでしょうか? ペンシルとスクリューブラシだけでなく、パウダーも内蔵されている3way。描く・ぼかす・毛流れを整える、の3ステップが可能なので、これ1本で眉メイクが完結できてしまう。非常に効率的!

もう愛用し始めて何本目かな〜という感じなのですが、最近ここに眉マスカラを導入し始めました。今まで、眉マスカラは、髪をカラーリングしている人、もしくは眉毛が黒々と濃すぎる人が使うものだという認識でした。

カラーもしておらず、眉毛が特別濃いわけでもない自分には関係ないアイテムだと思っていましたが、眉毛を自然な範囲でほんの少し明るくすると、抜け感、手をかけている感、今っぽさ がでることに気がついた(お、おそい?)

あと、ここ数年の眉メイクのトレンドは「毛並みが感じられるような立体的な眉」。これも眉マスカラで良い感じに仕上げることができる◎

でも、そもそも眉マスカラをきっちり眉毛の根元から塗るなんて不可能じゃないですか。なので、元の眉毛とあまりに違うと、毛先だけ浮いているように見えてしまう。眉毛の黒さよりナチュラルに少し明るく見える程度。そんな色を選びたい。

眉マスカラってやっぱり明るい色が多いので、黒髪さんにとっては色選びがとても大切٩( ‘ω’ )و

黒髪にもなじむプチプラ眉マスカラ3つ

というわけで、プチプラかつ黒髪になじむ眉マスカラを色々とリサーチしてみた結果、以下の3つにたどり着きました。

リンメル プロフェッショナル 3Dブロウ マスカラ 004 クールで凛々しい印象に仕上げるオリーブブラウン (5.5mL)
カラー名は【オリーブブラウン】とのこと。確かにくすんだグリーンみがある絶妙な色。繊維いりなので増毛感がありそう。ふさっと立体的な眉毛になれそうです。もともと毛量がしっかりある方にはむかないかも?ウォータープルーフ&お湯でオフできるそうです。

ヘビーローテーションカラーリングアイブロウR 08

カラー名は【アッシュグレー】とのこと。ダークグレージュといった感じで、抜け感があって綺麗な色です。こちらもウォータープルーフ&お湯でオフ可。

ヴィセ リシェ カラーリング アイブロウマスカラ ダークブラウン BR-5 7g

カラー名は【ダークブラウン】とのこと。うん、上の2つより茶色みが強く明るい感じ。黒髪さんでもやや黒が薄めの方向けかも? ふわっとした抜け感がでます。均一で自然な仕上がり。乾くのも早いです。これもお湯で落とせるフィルムタイプ◎

 

現在は、3番目のヴィゼを使用中!
コスメをたくさん収集したいわけではないのですが、しっくり似合うもので精鋭部隊を作りたい♪( ´θ`)ノ

 

美容×星座の話を少し…

私は、お気に入りを長く使い続けること、質が良いもの、アンティークなもの、ベーシックなもの、が好き。これは私の月と金星が牡牛座にあるからなのです。

その牡牛座的な「好き」を追求すれば、メイクにおいて、トレンドを意識したり、「今っぽい」顔になる必要なんてない、はず。

でも、牡牛座的なアイテムで身を固めてしまうと「好き」に囲まれているはずなのに、なんだかすごーく重たく感じてしまう。

それは私の太陽が双子座にあるから。
「今」世の中に流れている空気感を知らない、身にまとっていない、のはとても居心地が悪く感じてしまう。自分を生きていないようにさえ感じられる。

そういう意味で、「好き」も「似合う」も「好む美容の方向性」もホロスコープも知っているとすっきり整理出来て無駄がなくなる気がします。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です