toggle
2020-01-18

太陽回帰図から【1年のテーマ】を知る

 

太陽は、ホロスコープを1年に一周します。
なので誕生日前後に、生まれた時の太陽と同じ位置に
現行の太陽が戻ってきます。

これを、太陽回帰(ソーラーリターン)と呼びます。
このときのホロスコープを太陽回帰図と呼びまして「誕生日から次の誕生日までの一年間、こんな感じになりますよ」ということが示されています。

これが、結構あなどれないわけです…( ͡° ͜ʖ ͡°)
特に、数年単位で並べてみると自分の人生の流れよく分かります。

今日は、自分の2019年と2020年の太陽回帰図をざっくりと読んで、この2年間の運勢の振り返りと予測をしてみたいと思います。

 

2019年の太陽回帰図  〜パートナーシップを学ぶ年〜

私は、1985年6月14日生まれ。
その時、太陽は双子座22°52にありました。

2019年、太陽が双子座22°52にめぐってきたのは

【2019年6月14日の1時32分PM】

その時のチャートがこちら٩( ᐛ )و

さて、まずは、アセンダントの星座をチェックです。
アセンダントの星座が、その1年のテーマになります。

  • 活動サインなら、新しいテーマを始める。
  • 柔軟サインなら、自分のテーマを応用・多様化・調整していく。
  • 固定サインなら、自分のテーマを継続していく。

などと、考えます。

 

さて上のチャート、アセンダントは天秤座活動宮です。
そして、その天秤座の支配星である金星8ハウスに位置しています。
(アセンダントのエネルギーが8ハウスに注がれる、ということ)

  • 天秤座は、対人関係、パートナーシップの星座。
  • 金星は、調和、愛情、そしてお金も示す天体。
  • 8ハウスは、他者の財布、共有を示す領域。

天秤座は、対人関係×活動宮。新しい関係性構築に取り組む年になりそう。

はい、まさにこの日(6月14日)に入籍して、1対1のパートナーシップが本格的に始まりました。夫婦になったことで、夫の稼ぎを共有させてもらうことに。

月は蠍座1ハウス。1ハウスはアイデンティのハウスですが、月=妻とも読めるわけだし、妻としての自分をアイデンティティの一部として意識する年になりました。

太陽は、9ハウスに入っています。
太陽が入っているハウスは、その年のメインの活動場所と読むことが出来ます。9ハウスは、高度な学問、本、啓蒙、出版、外国、教養を示すハウスです。

今年は10冊の書籍に携わらせていただいたので、まさに…。
編集者さんたちともたくさんお話したり、出版や本というものがずっと近くにあった年でした。

そして、占星術はいつでも自分のそばにありました。これは「高度な学問」ですね。

 

MCは、蟹座。MCは、アセンダントのエネルギーがどこに流れつくか。この年の結果を表しています。

蟹座は、家庭や居場所の星座。
アセンダント天秤座=パートナーシップから、MC蟹座=家庭・家族へ。そんな流れが見てとれる1年です。

まだ、次の誕生日まであと5ヶ月あるので、引き続きテーマに沿ってがんばりたいと思います。

来週も、書籍の撮影です…٩( ‘ω’ )و

 

2019年の太陽回帰図 〜目に見える世界と見えない世界を行き来する年〜

2020年、太陽が双子座22°52にめぐってくるのは、

【2020年6月13日の5時32分PM】

その時のチャートがこちら。

 

アセンダントは、山羊座。はい、またもや活動宮です。
そして、山羊座の支配星である土星1ハウス…。
(アセンダントのエネルギーが1ハウスに注がれる、ということ)

  • 山羊座は、社会で自分の立ち位置を構築すること星座。
  • 土星は、節制、訓練、抑圧、継続の星。
  • 1ハウスは、自分自身・アイデンティティを示す領域。

お、おう…なんだかとってもストイックそう。
自分に厳しい年になりそうです。

さらに、1ハウスには、冥王星木星もあります。
木星が1ハウスにあるということは「自分自身」が発展する。
寛容性が増して、色々引き受けたり、手を広げたり、たくさんの人に自分を知ってもらったり。

でも、土星と冥王星がありますから、楽に「広がる」わけじゃない。
努力して時には壊して限界を突破して…発展していく。そんな感じ。

月は魚座3ハウス。海王星と火星と合(0°)になっています。
月・海王星が魚座で合とか、なんともサイキックっぽい配置。
受信アンテナが敏感になりそう。夢や入眠直前の意識の時にいろいろ受け取りそうだな〜。3ハウスなので、インスピレーションをこまめにメモしたり夢日記とかつけると良さそう。

しかも、火星もありますから、自分からつっこんでいくんですね…という感じ。最近、数秘とかもとても興味あるし 笑。
見えない世界を探検しつつ、消化していきたいエネルギーです。

太陽は、6ハウス。はい、実務やルーティン、メンテナンスのハウスです。アセンダント山羊で太陽が6ハウスっていかにも仕事がんばりそう。

自分をしつけて整えて、社会で役立つ自分をつくっていく。社会での足場を構築していく。

 

太陽と月の関係性を見ていくと…

  • 太陽:「今ここ」で地に足つけて仕事や日々をがんばる
  • :見えない世界を受信したり探検したりしてしまう

そんな2つの世界を行き来をする年になりそうです。

 

MCは、天秤座。山羊座として仕事をがんばることが、人とのご縁や、1対1の関係性に結びついていく。そういう年になるのかな〜。

 

これだけ分かっているだけでもかなりありがたい 笑。
今年〜来年の運勢は、トランジットやプログレスもいれてまた丁寧に読んでみようと思います。

 

セッションでも太陽回帰図読みます

太陽回帰図は、ASTRO DIENST で出すことが出来ます。
チャートタイプで「太陽回帰図」を選択してください。
ちなみに、出生地ではなく現在土地ので作成します。

ネイタル(産まれた時のホロスコープ)を把握することが優先ですが、ご希望の方には、セッションの中でも太陽回帰図を読ませていただいています。

事前にチャートを出さないといけないので、必ず事前にご希望お伝えくださいね。

太陽回帰図を読むのは、誕生日の少し前なんかが良いかも。
誕生日からの新しい1年どんな風になるのかな〜と把握るためにおすすめです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です