toggle
2020-01-12

【料理】日々の食のこと。作り置き6品

毎日どうやったらもっと日々快適に過ごせるのかな〜と考えています。
家や暮らしが整っていないのは嫌だけど、家事以外にもやらなきゃいけないこと&やりたいこと、たくさんある。

なので、家事は出来る限り効率化したい。

が、こと料理に関しては、効率化しすぎたらやっぱりだめだ…と感じています。料理が一番クリエイティブな作業で、家事の中でも特に労力を使う。

ただ、ここをあまりにおろそかにしてしまうと、じわじわとエネルギー代謝が落ちていく(つまり日中疲れやすい、寝ても疲れがとれない身体になっていく)(( _ _ ))

そうなると、些細なことが全てが重労働になってしまうし、物事は停滞気味…進まない。長い目で見た時に、結局!超絶非効率な人生になるからです。

疲れづらい身体だと「めんどくさい」という感覚が減るし、なんでもサクサク取りかかれる。人生の進みがスムーズ。

そんなわけで、ヘルシーな生活を維持していくために、私も家事に関しては自分のなりの最適解をアップデートしていきたいと思います٩( ‘ω’ )و

 

毎日の料理ついてのあれこれ

食材のお買い物の大部分は宅配に頼っています。
現在は、ナチュラルコープヨコハマさんをお願いしています。

①できるだけ農薬や化学肥料、抗生物質に頼りません
②食品添加物・化学調味料等、安全と言われるものでも過剰に利用・使用しません
③食品放射能ガイドラインは国の基準の約半分を目安に

HPに書いてある基準はこんな感じ。それぞれの詳細はサイトに載っています。食品包材に、環境ホルモンが疑われる環境省リスト掲載の物質を使用していないところも嬉しい٩( ‘ω’ )و

もちろん、もっとこだわれば、いろいろとあるのですが、
野菜やお肉の宅配って届くその日に確実におうちにいないといけないじゃないですか。なので、肉、野菜、調味料、日用品まとめて届けてくれるところをベースにお願いしたいなぁと思っています。

後は、定期的じゃないけれど、気になったところの野菜やお米を頼んでみたり。写真は、坂ノ途中さんの初回限定お試しセットを頼んでみたときのもの(お米は別途注文しました)。

あとは、鹿肉などのジビエも時々頼んでいます。

 

さて、今日は、最近の作り置きの写真が何枚かたまったので、載せてみたいと思います。

さて、私は作り置きに関しては、何曜日に作るとか、週何回作るとか、全く決めてません。ただ、さ〜ごはん作るぞーという時に、ゼロから始めるのって疲れているときはちょいとしんどい。作り置きか、下ごしらえしてある食材があるとハードルはぐんと下がる。

というわけで、ちょっとした隙間時間を見つけて、未来の自分のためにちょこちょこ仕込むようにしています。

 

最近の作り置き計6品をつらつらとご紹介

ネギまみれなピリ辛濃い味煮卵
余っていたネギの青いところを粗みじんにして、コチュジャン、しょうゆ、酢、粗糖、塩などで漬け込みました。とろとろの黄身にネギを絡めて食べるのが美味しすぎるのです…。
卵は、平飼いで餌がGMOフリーのものを購入しています。ちょっとお高いですが、卵は肉や魚と違って、洗ったり、下処理したり(つまり少しでも低毒化する作業)出来ないですからね。良いもの買い続けます。ここはケチらない。
宅配で届いたら、何個かまとめてゆでて、その時ある調味料で煮卵にしちゃいます。

たくわんもどきな漬物
干したりなんだりせず、簡単なやり方で。なので、あくまでたくわんもどきです。塩、粗糖、鷹の爪、切り昆布、酢。ターメリックをちょこっと入れて色付けしたら、それっぽく出来ました。お酢や塩をしっかり使う1品は作り置き向きですしね。

 

きゅうりの辛子漬け
きゅうりの食べ方で一番好きなのが辛子漬け。
宅配で粉辛子をたまに頼んでいます(チューブのものは添加物が多かったりするのと、環境ホルモンをなるべく避けるべくプラ入りの調味料は購入しないです)。で、辛子漬けは、粉辛子と砂糖、塩で簡単に作れちゃうのですが、今回はナチュラルコープで買った辛子漬けの素を使いました。成分的にも許容範囲なら、こういうのもたまにはあり。

きゅうりのキューちゃん的なもの
生姜たっぷりにしました。ぽりぽり食感が美味しい。
きゅうりの食べ方で3番目に好き。2位はぬか漬け 笑
きゅうりも生でそのまま食べることは少ないので、さっさと塩もみしちゃいます。
塩もみきゅうり、茹でてさいたささみ、煮卵(白身は粗みじん、黄身はそのままとろっと)を合わせた和え物も最高〜。
きゅうりは脱臭ココナッツオイルで炒めるのも美味しいんですけどね。

 

白菜の浅漬け
浅漬けも作り置きでよく作ります。切り昆布って便利だな〜。
白菜をまるっと1個購入すると、冷蔵庫で場所とるので、さっさとざくざく切って塩もみしたり、手羽元とスープにしちゃったりします。白菜は汁物にしても良い出汁でて美味しいですよね〜。

りんごと玉ねぎのジャム
これは作ってあると便利!というか、お肉料理との相性が抜群なので、メインの肉料理を作るモチベーションが上がります。肉×フルーツの組み合わせって大好き。今回は、スペアリブをこのジャムとしょうゆ、にんにくで煮ました。脂は丁寧にすくって取り除きます。
スペアリブを食べ終わった次の日、冷えて固まった脂をさらに取り除いて、その煮汁に、ひき肉、野菜、スパイスを放り込んでカレーにリメイク。なんせこの煮汁、りんごと玉ねぎの甘み、豚の旨味が凝縮しているので、めちゃ短時間で超コクのある美味しいカレーになるのです。

 

これからも日常のアップデートの記録をちょこちょこ書いていきたいと思います♪( ´θ`)ノ

 

 

Blog上でホロスコープミニリーディングしています。

応募の詳細はこちらからご覧下さい。

【企画】Blog上でホロスコープのミニリーディングします。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です