toggle
2019-07-17

【自分の社会的立場を確認する】月食を伴う満月 at 山羊座(7月17日 )

 

7月17日(水)am6時38分
【山羊座】【月食】を伴う【満月】です。

今日は、そのエネルギーについて書いてみようと思います🌖

 

 

新月と満月とは?

太陽と月が重なるのが【新月】
太陽(意志)の光を月(感情)がさえぎり、月(感情)の力が強くなる日。
理性で制御出来ない感情が不安定にうごめくこともあれば、感情(月)が行動(太陽)に力を与え、新しいサイクルのスタートを切るタイミングにもなり得ます。

 

そして、太陽と月が向き合うのが【満月】
太陽(意志)と月(感情)がお互いを見つめ合い、確認し合う。
太陽の光はMAXになります。「満ちる」時なので、行動力や緊張も高まりやすく、消耗しやすい時でもあります。
なんだかテンションが落ち着かなくなったり、イライラするようなこともあるかもしれません。

満月は、スタートしたもののかけらを「眺める」時。
できが良かろうか、悪かろうが、とりあえず振り返り、評価をします。

何か成就したか。達成したか。完了したか。今あるものを確認して、手放すもの、許すもの、見直すものを見極めます。

 

日食と月食とは?

新月や満月は、月1度のペースで起こる現象ですが、月食や日食は、半年に1度の現象です。

普段の新月や満月が、月に1度の小さな節目だとしたら、月食や日食は半年に1度の少し大きな節目になります。

太陽の通り道であ【黄道】と月の通り道である【白道】が交差するポイントで、月が昇る方を『ドラゴンヘッド』、月が沈む方を『ドラゴンテイル』と呼びます。

日食・月食は、占星術的に言うと、ドラゴンヘッド・テイル付近で起こる新月・満月のこと。

占星術では【ドラゴンテイル=前世から受け継いできたもの】【ドラゴンヘッド=未来のために向かうところ】と考えます。
(自分のホロスコープのドラゴンテイル・ヘッドはしっかり読み解く価値あり…!です)

そう考えると、新月・満月の軸が、ドラゴンヘッド・テイルの軸に重なる時期というのは、【昔いた場所】【これから行く場所】の確認にふさわしい時期だと言えます。

今回の満月はドラゴンテイル付近で起こります。
ドラゴンテイルは「捨てる」ものではなく「やりきる」もの。
やりきることで、ある時ヘッドに向かうことができると言われています。

前の人生の宿題。やり残したこと。未消化のもの。前にいた場所。ぬるま湯的な環境。引き継いできた才能。なぜだか出来てしまうようなこと。ついついやってしまうこと。

そんなポイントの近くで起きる満月です。
私たちは前に進むために、ドラゴンテイル・ヘッドの課題を半年に1度、確認させられるのかもしれません。

 

 【月食を伴う満月 at 山羊座】のエネルギー

今回の満月は羊座】で起こります。
山羊座は『社会的居場所』『社会的な役割』を示す星座です。

今回の満月は、それらのことについて振り、達成・完了したことを確認し、手放すもの、許すもの、見直すものを見極めます。

それは次のステージに進むため。

『完了』を表す満月が『結果』を意味する山羊座で起こる。
なんだか『結果』を出すことを力強く促されるような、半年に1度の力強い満月です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です