toggle
2019-05-30

天王星牡牛座入りについて(個人への影響)①

 

2019年3月6日に天王星が牡牛座に入りました。

トランスサタニアン(天王星、海王星、冥王星)が、星座をまたぐのは占星術的にビッグニュース!

天王星牡牛座期の「全体への影響」は、前回の記事で書きました。

天王星牡牛座入りについて(全体への影響
http://astrology-for-life.jp/archives/980

 

天王星は、7年かけて牡牛座を運行し、私たち個人の変化もしっかり促します。今回から天王星牡牛座期の「個人への影響」について書いていこうと思います。

と、その前に。トランスサタニアンの中で、天王星も「変化」、冥王星も「変容」なんて書いてあったりするので、違いがよく分からないという声をたまに聞くんですよね。

天王星の影響を考える上で、大切なところなので、ちょっと書いてみようと思います^^

天王星と冥王星が引き起こす「変化」の違い

トランスサタニアンの中で、一番影響力が強いのが、冥王星、その次は海王星、次が天王星です。

冥王星と天王星。どちらも変化を促す天体なのですが、天王星が、ちゃぶ台をひっくり返すようなエネルギーならば、冥王星はちゃぶ台を燃やして灰にしてしまうような感じ。ちゃぶ台なくなっちゃったよ!みたいな 笑

冥王星の場合=ちゃぶ台が燃やされちゃった場合は、もう元のちゃぶ台はないわけで、灰の中で新しく始めないとといけない。

天王星は、ちゃぶ台をひっくり返す。燃えてなくなってしまったわけではない。ただ、ひっくり返されたときに、そのちゃぶ台が古くなっていたことに気づくわけです。古くなっていたけど、慣れ親しんでずっと使ってきたなぁって。

おそらく、元に戻したところでまたちゃぶ台はひっくり変えるわけです。古いから。
じゃあ、どうするか。壊れたところを直して使い続けるか、新しいのを買うか、ちゃぶ台なしの生活に切り替えるか。

天王星はオールチェンジではないけど「変わらないと思っていたもの」「古くなったもの」に風穴を空ける。そんなエネルギーを持ちます。

天王星が空ける風穴は、個人の人生において、突発的な出来事突発的な意識の変化として現れます。突発的といっても常に水面下では進んでいて、それが顕在化するという感じなんだろうな〜と思います。

それが、どんな出来事?どんな意識の変化?というのを次回は書いてみようと思います。

講座のお知らせ

6月29日(土)大阪です。
詳細はこちら↓です。

「ホロスコープを解読する」−自分を知り、人生の「羅針盤」を手にいれる−
http://astrology-for-life.jp/archives/1036

 

自分のホロスコープを読めるようになると、人生がぐんと歩きやすくなります。

ぜひその実感を味わっていただきたいなぁと思います^^

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です